MENU

【比較】ADHDの子ども力を発揮させるオンライン家庭教師3選

本ページはプロモーションが含まれています

お子さんの持っている学力は高いものの ADHDの傾向があるため力を発揮できない…

小さい頃から読書好きだったり、独創性のあるアイデアを出したり、ポテンシャルにすごいものを秘めている子ども。

けれども、ADHD傾向を持っているとそれらの才能が活かしづらいのが今の学校教育

  • じっとしていることが苦手
  • 集中することができない
  • 提出物を出せない
  • つい余計なことを言ってしまう

    そんな特徴から自然と学校生活で浮いてしまったりしていませんか?
shallow focus photography of pencils on desk rack

小学校・中学校と言う学校空間はどうしても集団での活動が基本となります。

授業も一斉授業と言って、子どもは席に座り先生が伝える内容を聞く、これが基本的な日本の学校のスタイル

このように先生のは話を「聞いて」「学ぶ」ことに長けている人はいいでしょう。

ではADHDは落ち着いて座り、一生懸命に先生の話を聞くことに長けているでしょう?

そこが難しいのです。

ADHD の特質を持っていると、ただ聞いているだけの授業では力が発揮しづらいのです。

ナリタケ

ADHD の子どもには、自分から考えたり、行動をしたり、調べたりすることによって脳が活性化され豊かな学びになります。

どうしても、このような受け身中心の学習では授業を受けていても何かしっくりこないそんな感情が心に引っかかってるはずです。

もし先生が ADHD の子供の特性に合わせた課題や学級運営をしていれば、その子供の学力はぐんぐん伸びます。

なぜなら他の子に比べ、ADHDは物事への好奇心が断然に高いからです。

自分の興味を持ったことにはとことん進みますが、関心がないものにはまったく気持ちが向かない傾向があります。

ではADHD の子にとって、どのような学習環境を設定すればいいのでしょうか?

four assorted-color sticky notes

一つの方法としてオンライン家庭教師を使うことで ADHD の子の良さを活かした学習を進めることができるでしょう。

子どもの特徴にあった学習を続けていくことによって、彼らの能力はますます伸びていきます。

本記事では ADHD の子どもの学びのスタイルと、 力を伸ばすためのオンライン家庭教師を紹介します。

どうろひょうしきの無料写真
ADHDにおすすめオンライン家庭教師特 徴
家庭教師のファースト宿題が充実しているのが特徴
家庭教師のホワイトベア世界に一つのオリジナルカリキュラムなら
個別指導塾【坪田塾】自分で考える力を育てるなら
目次

ADHD の子どもの学びの特徴。 集団は苦手?

boy in black hoodie sitting on chair

ADHD とは注意欠如多動症の略です。主に二つのパターンがあります。

一つは注意欠如傾向
文字通り注意力がかかってしまうことに課題があります。

もう一つは多動傾向
常に体が動いていないと落ち着かないタイプです。

ではADHDにどのような特徴があるのか紹介します。

ADHDの特徴

  • 集中力を維持しづらい
  • 過集中になってしまうこともある
  • ついつい動いてしまう
  • 忘れ物が多い・うっかりミスが多い
  • つい余計なことを言ってしまう

ADHDの特徴:集中力を維持しづらい

子供, 女の子, 鉛筆, お絵かき, ノート, 勉強, 友達, 手, 子供時代, 喜び, 学校, レッスン

ADHD の子どもの特徴として、集中力がないことがあります。

例えば授業中先生が前で説明をしていても、最初の30秒集中して聞けてますが途中から別のことに気がいってしまう

また家で英単語を覚える勉強をやっているかと思えば5分後には、他の事を始めてしまう

一つのことをじっと長い時間集中してやることが苦手です。

結果として、学校での授業を通した学びが思うほど力を伸ばすことができないということがあります。

ADHDの特徴:過集中になってしまうこともある

ゲーム, 子供, 少女, 女の子, おもちゃ, 子ゲーム, キッズゲーム, 再生, 子供時代

ADHD の子どもの特徴として、過集中になってしまうことがあります。

過集中とは一つの物事に過度なくらいにのめり込んでその活動を進めることです。

過集中そのものはメリットとも言えます。

しかしあまりにのめり込むことによって疲労が蓄積し、次の活動に移ることに支障をきたすこともあるでしょう。

また全てのことに集中力を発揮するのであればいいのですが、そうではありません。

本人の興味関心がピタッとはまった分野での話となります。

ADHD の人に天才と呼ばれるタイプがいると言われますが、この場合過集中がいい形で得意分野と一致するケースだったと言えるでしょう。

ADHDの特徴:ついつい動いてしまう 多動でもある

男, ジャンピング, 山, 岩層, ジャンプ, うれしそうな, ハッピー, アスレチック, 屋外, 楽しい

ADHD の子どもの特徴として、じっとしていることが苦手です。

学校生活だと、特に小学校中学年以上からは自分の席に座りじっとして話を聞くことが求められます。

ADHD の子どもには脳内から行動を促す物質が多く出ているので、このようなただじっとしているという指示には対応するのが難しい面があるのです。

一方でまだ学校レベルでも障害理解が進んでいないケースがあります。この事を本人の努力不足いや我慢できない子供としてレッテルを貼られ本人の持つ創造性の良さが発揮できないことも多いです。

ADHDの特徴:忘れ物が多い・うっかりミスが多い

失敗, 不合格, ボード, 敗者, 怖いウサギ, バースト, 発見します, このブラシOff

ADHD の子どもの特徴として、忘れ物が多かったり、数学での計算ミスが多かったりします。

ADHD の子どもは物事を二回三回と確認したり 、見直しをしたりすることがあまり得意ではありません。

例えば忘れ物などのケースも普通の人であれば、家を出る直前にもう一度見るなど本人なりの努力で忘れ物をなくすことができます。

しかし ADHD の子だと、一度終わってしまった事への興味関心が著しく低下します。結果として忘れ物が増えてしまいます。

ADHDの特徴:つい余計なことを言ってしまう

欲求不満, 間違い, 失敗, 車, 赤, 少し, パーキング

ADHD の子どもの特徴として、つい余計なことを言ってしまう面があります。

普通の子であれば、 空気を読んでちょっと我慢しようなど周りの様子を察して言動を調整することができます。

ADHD の子は本人の興味関心が行動の源泉にあります。周りの空気を読んでちょっと考えて・待って行動するということが苦手なのです。

ADHDの子どもの学びのスタイル

smiling woman standing while holding orange folder

このような ADHD の特徴を踏まえると、学習をサポートする側もこれらの特徴を活かすような工夫が必要となってきます。

ADHDの子どもの学び方

  • 短い区切りで、長時間は慎重に
  • 目標の設定 簡潔に、わかりやすく
  • 視覚情報でわかりやすく

ADHDの子どもの学び方:短い区切りで、長時間は慎重に

black and white checkered illustration

ADHD の子を教える場合は、教える内容を短い単位で設定することで力を発揮できます。

上に挙げたように ADHD の子は集中するのが苦手

しかし 短時間であればびっくりするぐらい力を発揮することができます。

保護者が家庭学習をサポートする場合でも、一つの教材を長時間かけて取り組ませるよりも、20分30文単位のモジュールで組み合わせることで ADHD の子の学力を高めることができるのです。

ADHDの子どもの学び方:その日の目標の設定 簡潔に、わかりやすく

ADHD の子を教える場合は、 その日の勉強の目的を明確にして行います。

ADHD の子にとってその勉強が何のためにやるのか、どうすることで終わるのかという基準がないと、ただだらだらやってしまうことになります。

例えば計算ドリルを4ページやったら今日の計算セクションは終わりだよとか、英単語を15個覚えて保護者のテストに合格したら終わりだよなどと明確な目標を提示することが大切。

ADHDの子どもの学び方:視覚情報でわかりやすく

冒険, トラベル, 熱気球, フローティング, 飛行, 空, 航空機, 屋外

ADHD の子を教える場合、文字ばかりの情報だと飽きてしまいます。

図や絵など本人が教わる内容のイメージを提示しながら、学習を進めていくことで学習効率はぐっと高まっていきます。

ADHD の子に”おすすめ”オンライン家庭教師3選

woman in blue shirt beside girl in pink shirt

このようにADHDを教えるためには、ADHDのことをよく理解した上で学習をサポートしていくことが大切です。

ADHDの指導への専門性があるのがこちらのオンライン家庭教師です。

ADHDの子どもへの指導に合う家庭教師はこの3つ

  • 家庭教師のファースト
  • 家庭教師のホワイトベア
  • 個別指導学習塾【坪田塾】

おすすめ1:宿題が充実しているのがオンライン家庭教師のファースト

家庭教師ファースト【公式】苦手~受験・プロの家庭教師

家庭教師ファーストがおすすめの子は練習量重視派

学習量・練習量からお子さんの力を伸ばしたなら「家庭教師のファースト」です。

家庭教師ファーストの基本情報特徴
コース情報幼児/小学生/中学生/高校生/オンライン
入会金なし
授業料の目安13,860円~ (60分/月4回)
教材購入なし
地域全国

学校の授業や家庭学習でも大切なことは子ども自身がどれだけの演習をこなすことができるかではないでしょうか?

どれだけ分かりやすい講義を聞いても、それを子ども自身が身に着け実際に筆記具で表現できなければ学力がついたとは言えないでしょう。

もちろん学ぶプロセスで説明の分かりやすさや本人の納得感は大切です。しかしいくら学習内容が分かったとしても、それを解答用紙の上で決められた形で表現できないと点数には結びつきません。

またはプレゼンテーションのような形で人に伝えることも同様でしょう。

家庭教師のファーストってどう?口コミ評判・料金・教材を確認する! - 家庭教師選びの教科書

大切なのは、いかにアウトプットしていくかです。

そう考えると家庭教師ファーストはレッスンごとに、講師が子どもの特徴を見極めた上で1日ぶんずつ宿題を出してくれます。

ナリタケ

つまり家庭教師は週2回3階と決められた回数の中ですが、子供は宿題を通して 毎日良質な学習を進めることができるのです。

この小さな積み重ねが着実な学力アップにつながっていきます。

もしお子さんに多くの学習量から力を底上げしたいと思う保護者は家庭教師ファーストが最適でしょう。

もちろん家庭教師ファーストには発達障害専門コースも用意されています。

こちらでは ADHD の特徴を踏まえた指導法がなされます。上に挙げた宿題も子供の特徴を見極めてから渡されるので子どもにとって無理なく進めることができます。

家庭教師ファーストは無料で体験できます/

>実際の教師による無料体験、好評受付中!

おすすめ2:世界に一つのオリジナルカリキュラム・オンライン家庭教師のホワイトベア

家庭教師のホワイトベア 関東・関西の家庭教師派遣ならおまかせください!インターネット指導コースなら全国対応!

【家庭教師のホワイトベア】は、おすすめの子どもは一つ一つの内容を確実に理解したい派

丁寧に、着実に、確認しながら学びを進めたいのなら「家庭教師のホワイトベア」です。

家庭教師ホワイトベアの基本情報特徴
コース情報小学生/中学生/高校生/オンライン
入会金11,000円 (兄弟はなし)
授業料の目安90分 3,300円~
120分 4,400円~
教材購入別途購入
地域全国

家庭教師ホワイトベアの特徴は、子どもの特徴に合わせたオリジナルカリキュラムです。

発達障害の子どもの特徴として理解している内容の差が大きいところです。

例えば数学では飛び級する勢いでよくわかっているのに、国語では全然理解していないそんなことがしばしばあります。

なぜなら子どもの学び方や理解の仕方に特徴があるからです。

ナリタケ

この一人一人の学び方・理解の仕方に対応するためにはその子に合った学習プログラムが必要です。

先に計算をやればいいのか、計算であれば何回ぐらい繰り返せばいいのか、子供によって対応が変わってくるでしょう。

家庭教師ホワイトベアは講師が心理学に基づいて特徴を分析し一つ一つを確実に理解できるようカリキュラムを設定します。

家庭教師のホワイトベア(しろくま)はネットでもOK!評判はどう? | インタレスト・ウォッチ

もちろん家庭教師ですのでカリキュラムがうまくいかなければ改善を重ね問題点を修正するのです。

ナリタケ

家庭教師ホワイトベアは学習への苦手意識や取り残しがあるお子さん、そのような子どもの着実な理解を助けるために活用したいそのようなご家庭にはあっているサービスでしょう。

家庭教師ホワイトベア音は無料体験カウンセリングがあります。まずはお子さんの現状を伝え、その中から子どもへの指導方法を検討していくそんな流れがいいでしょう。

家庭教師ホワイトベアの無料体験カウンセリングはこちらから/

家庭教師のホワイトベア

おすすめ3:自分で考える力を育てるなら個別指導学習塾【坪田塾】(オンラインも実校舎も)

よくある質問 | 【坪田塾】大学受験の個別指導塾(高校生・浪人生の予備校・個別塾)
公式サイトより

【個別指導学習塾坪田塾】がおすすめの子どもは自分で考える力を伸ばしたい派

個別指導塾【坪田塾】の基本情報特徴
コース情報オンラインは高校生のみ・中学生/高校生は通い
入会金33000円
授業料の目安1時間あたり1,663~2,539円(税込)
実際週2回以上つかうので月々13,000~20,000円前後
教材購入市販教材を利用
地域オンラインは全国 首都圏・名古屋・関西に塾があり

ADHD の子どもの良さはクリエイティビティだと言えます。

様々なアイデアを駆使して、生活をより良いものへと変えることができます。

そのような創造性とは【考える力】とも言えるのではないでしょうか?

個別指導学習塾坪田塾の良さはこの考える力を最大限に伸ばすところです。

考える力を伸ばすとは、これまで学習塾で売りにしていたわかりやすさとは少し異なります。
考える力を伸ばすためには、いかに肝心なことを言わず、子供に考えさせていくかのかです。

公式】坪田塾~個別指導塾を超える「子」別指導の学習塾~『ビリギャル』坪田信貴先生の大学受験予備校・塾
公式サイトより 塾長 坪田 信貴

実際、考える力を伸ばすというのは学習効率がよくありません。とても手間・暇・時間がかかります。

しかし考える力を身につけた子どもはその後の伸びが大きくなります。

なぜなら考える力とは自分なりに課題を分析し、それに対する対応を考えるからです。

ADHD の子どもの多くはこのように思考するプロセスはとても楽しいと感じるでしょう。

どこかゲームをやってるように、自分で考えながらどのように解決をしていくかという感覚を好む傾向があります。

もし自分のお子さんの先々を見越して考える力を育てたいと思うのであれば個別指導塾坪田塾を考えてはいかがでしょうか?

\坪田塾の無料入塾説明会はこちらから/

学年ビリから難関校を目指すなら【坪田塾】

まとめ

ADHDの学び方に注目すると必ずしも、これまでの学校の授業や集団指導塾が本人に合っていない現実を理解したでしょう。

大切なのはADHDの特徴が合って、それを踏まえたプランがあれば、もともとは素晴らしい才能があるお子さんなのでグングン力を伸ばすことができます。

そのような発達障害・ADHDの特徴を踏まえたオンライン家庭教師がこちらの3つです。

  • 宿題が充実しているのが家庭教師のファースト
  • 世界に一つのオリジナルカリキュラムなら家庭教師のホワイトベア
  • 自分で考える力を育てるなら個別指導学習塾【坪田塾】

どれも無料体験やカウンセリングがありますので、気軽に試してお子さんとの相性を確認するのがいいでしょう。

追伸

実を言うと私自身もADHDの傾向があるので、 集団のルールを守る・ 全体の空気を読むと言うことに強い苦手意識があります。

今振り返ると学校の勉強は自分の力を出し切れてなかったと思うことも。。。

当時は今ほど発達障害の理解がなかったのでただの落ち着きのない子どもとレッテルを貼られてしまいましたが、 もっとクリエイティビティーを発揮 することができたかなと思い返したりもします。

この記事ではオンライン家庭教師を紹介しました。

オンライン家庭教師だけでなく現在ではタブレットを用いた学習サービスも広がっていて本当に驚きます。

私の頃にもタブレット学習があればよかったなぁと思ったりもしますね。

その中でも注目してるのが「すらら」です。

「すらら」が良いのは 間に人間が入らずコンピュータプログラムで完結しているところです。

そして言葉による指導プログラムではなく、 図やアニメーションを使った目で見てわかる指導内容になっていること。

このような指導方法であれば、 ADHDでも 興味や関心を高めながら学ぶことができるのではないでしょうか?

もちろん発達障害とは言え一人一人特徴がありますのでまずはいちど資料を見て、 お子さんに合うのか合わないのか見てみるのが良いでしょう。

嫌な事件が起こる世の中ではありますか、 勉強に関しては本当に学びやすくなったなぁと感じる今日この頃です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次