MENU

【ADHD/発達障害】ちゃんと使えるメモの取り方をご存じですか?

本ページはプロモーションが含まれています

「頼まれたことをすぐに忘れてしまって……」
「メモを書いても、それを使えなくて……」
「メモに書いたことがどこにあったか覚えてなくて……」

pink covered book in top view photography

大切なことを聞いたけれども後で全く覚えていない、そのため仕事が全くできなくなってしまった、とかいつも友達や同僚に大切な内容を覚えていなくて白い目で見られているのはありませんか?

また「大切なことはメモしなさい」と言われはするものの、その書いたメモをどこにあるのか忘れてしまい分からなくなるということがありませんか?

 ADHDの傾向があると、頼まれたことでも「ふとした拍子」に忘れてしまったり、メモに書いてもそれを上手に活用できなくて困ってしまいます。

 ADHD にとってメモするということは、記憶をストックしておく重要なスキルの一つであるのは間違いありません。

ただメモの仕方に工夫がないとそのメモを生かせず、周囲に迷惑をかけるでしょう。

そして周りの人からの自分の評価も下げてしまいます。

では効果的にメモを活用するためにはどのようにすればいいでしょうか?

効果的なメモ活用方法のポイントはこちらの三つです。

  1. メモ帳を一冊にまとめる
  2. メモの終わった内容は消す
  3. フリースペースとスケージュールを組み合わせる

まずはADHDとはどのような特徴の発達障害なのでしょうか?

目次

発達障害/ADHDの特性と特徴

10月はADHD啓発月間です!|就労移行支援事業所ディーキャリア
引用:
ディーキャリアとはより https//dd-career.com/blog/kawasaki_20211005/

ADHD とは注意欠如多動症候群と言う発達障害のひとつです。

主に二つのタイプ
注意欠如タイプ
多動タイプ
とあります。

またこれらの特徴を両方合わせ持ったタイプもいます。

発達障害は脳の機能障害の一つとされているので、根本的な解決は難しいと言われています。

しかし支援方法や考え方を変えていくことによって、本人の困り感を大きく減らすことが可能。

ナリタケ

本記事の「忘れものが多い」とか「メモが上手にできない」のは前者の注意欠如タイプが該当しますね。

ではADHDは、どこで診断を受けることができるでしょうか?

 ADHD の診断

Free テーブル, ノートパソコン, プロの無料の写真素材 Stock Photo

これらの症状が著しくひどい場合であれば地域の発達センターや医療機関に行きADHD であるという診断をもらえます。まずはかかりつけのお医者さんに相談するとどこの医療機関に行けばいいのか紹介をしてくれます。

ナリタケ

大人の ADHDの場合、診断があることで自分が怠けてるのではなかった、脳の機能障害だったんだと知ることで救われた気持ちになる人も多くいます。

子どもの場合でも「学校の協力を仰ぐ」という場合には、 ADHD であるという診断をもらうとスムーズに対応が進むでしょう。学校によっては発達障害の理解が進んでいるところもあります。

現在はどこの学校でも特別支援教育コーディネーターがいて特別な診断がなくても、観察でその子の困り感を見つけ、対応できます。

ADHDは地域のかかりつけの医者に相談すると、専門の医療機関を紹介してくれます。
ただ必ずしも医療的な診断がなくても、小学校・中学校の発達相談をすると対応方法を紹介してくれます。

ではADHDはどのようなことを困っているのでしょうか?

ADHD の困りごと

purple flowers on brown open book

ADHD の困りごととして「記憶を長い時間維持できない」のがあります。

これにはワーキングメモリーの不足に原因があると言われ、本人にとっても生活するのに苦労しているのです。

また衝動性が強いタイプだとやろうと思っていることがあっても、途中で新しいことがあるとそちらに気を取られ今やっていることを忘れてしまう課題があります。

忘れ物が多い?…そこからの2次障害にも気をつけましょう

うっかりミスが多い?忘れ物が多い? そこから生じる2次障害から本人が苦しむことがあります。

発達障害の難しいところはこれらの障害が身体障害と違って目に見えるものでありません。

そのために周りの友達や先生からは「この子はいつも忘れ物が多くてだらしがないね」と間違って見られています。

ナリタケ

悪いケースであるといじめなどのケースに進むこともあります。

このような本人の特徴からくる社会生活の失敗により、(本来ならそこを支えるのですが)いい加減な人と思われ、いじめや仲間から浮くような扱いを受け、鬱傾向におちいることもあります。

このような症状からくる周囲の行為による心理的ダメージを「2次障害」と呼びます。

ADHDは二次障害があることに注意しましょう

ADHD の困りごとに情報整理が苦手

コード, プログラミング, ハッキング, Html, ウェブ, データ, デザイン, 発達, プログラム
マルチタスクが苦手なのがADHD

ADHD はたくさんの情報を整理してどのように対応していくのか計画するのが苦手です。

複数ある情報を前にすると、どれからやったらいいのか戸惑ってしまいます。冷静に考えるそれぞれの内容はそれほど複雑ではないにもかかわらず。

このような ADHD の特性をフォローするためには、情報整理をするための習慣や方法を身につけることが欠かせないでしょう。

情報整理が苦手なら、聞いたことをメモしていけばいいのではないでしょうか?

メモって有効なの? 

ADHD の特徴踏まえて、「聞いたことはメモ取りましょう」とついつい言ってしまいます。

あなたも一度や二度経験はあるかもしれません。

もちろんメモというのは記憶を残しておくということで大切なライフスキルです。

しかし ADHD の場合「メモの取り方」「メモを取ることを習慣化」することにも留意しないとその効果を発揮することができません。

では有効なメモの取り方とはどのようなものでしょうか?

 ADHD のメモの取り方

ADHD の子どもにメモをとらせる場合に以下のポイントに留意することが必要です。

ADHD の特徴としてワーキングメモリーが低いと情報整理が苦手という面を考慮して次のようにまとめました。

  • メモ帳は一冊にまとめる
  • メモする内容を精選する
  • メモ帳の終わった内容は消す
  • メモ内容をスケージュールに組み合わせる

ではこちらを一つずつ解説していきます。まずはADHDの「メモ帳は1冊にまとめる」からです。

メモ帳は一冊にまとめる

ADHD のメモ活用法として情報を一冊にまとめることがポイント。

 ADHD 当事者にとっても「自分はワーキングメモリーが高くない」ということは自覚しているでしょう。
そしてメモをとる大切さも理解しています。

しかしそのメモが「会議資料の隅にあったり」「時には手帳にあったり」「レシートの裏にあったり」すると情報がいつまでたってもバラバラです。

メモがバラバラだと、本来の機能が全く果たせません。

第一に、1冊のメモを見れば分かるようにメモ帳を1つにまとめましょう。

ナリタケ

この場合常に携帯できるタイプのメモ帳がおすすめです。

初めはメモ帳になんでも気になることをメモします。

だんだん慣れてくるにしたがって、情報の取捨選択が上達してくるので「まずはメモするということになれる」ということが第一目標。

 ADHD の場合、得意の分野に関しては不思議と書かなくても記憶が残っているということもあります。

逆に関心が低い内容に関しては、全く記憶に残っていないことがあるのでそういう話題に関しては意識してメモするのが必要でしょう。

こちらに紹介するメモ帳は携帯ができ、多くの内容が書けるタイプです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次