MENU

発達障害に【タブレット学習•すらら】がおすすめの理由を解説

「うちの子ども、先生の言っていることが全然わからなくて……
「発達障害と言われて、授業に集中するのがむずかしいようで……」
「他の教科はいいんだけれど【数学だけ】は、またったくわからなくて……」

発達障害の特性があると「学校での授業の理解」「学校生活に問題」があらわれます。

もし今まで通りの勉強を続けていたら子どもの学力はどうなるでしょう?
十分な学力を身につけることは難しいでしょう。

ナリタケ

なぜなら学習方法・教材が発達障害の子どもと合っていないからです。

しかし発達障害のあるお子さまでも「適切な勉強方法で授業を受け」て学力を高めることができます。

そして本人も「学習への自信」をとり戻し、希望する大学に行けたり、希望する職業につく可能性を高めることができるでしょう。

発達障害を持つ人の特性として、多くの人と協力しながら仕事をすることは難しい傾向があります。

編み物の無料写真
発達障害の持つ創造性やアイディアが活かせないのが現状です

しかし、その人の特性によっては創造力を活かしたり、黙々と一人で黙々と決められたことをやり遂げたりする仕事で能力を発揮することができます。

無理に「学年集団に合わせよう」とがんばりすぎることで心理的にダメージを受けます。

結果的に集団で学ぶことへの苦手意識だけが残ってしまうでしょう。

その結果、不登校うつ病などの二次障害を引き起こすこともあります。

では発達障害に合った勉強方法とは何でしょう?

Two people smiling while looking at their Surface laptop

発達障害に合う勉強方法のひとつが「タブレット学習」です

発達障害の子どもでも「タブレット学習教材」を利用することで、学習への理解・支援を深め、テストでも良い点数をとることができるようになります。

また「わかる」から安心でき、学びが継続していくでしょう。

「子どもに合ったやり方」というのは、子どもへのストレスを減らすということにも繋がります。
そして学ぶことに自信をつけることを支援するのです。

ポイントは「個性を活かし、学力を伸ばし、将来への可能性を広げるため」子どもに合った方法を選ぶことができるのかということです。

そのための選択肢に「タブレット学習」が最適の支援教材です。

株式会社すららネット | J-Startup

特に発達障害という点でタブレット学習「すらら」は発達障害にフォーカスした教材です。
この記事ではその理由を紹介します。

※この記事には一部PRが含まれます

目次

発達障害に「タブレット学習」がおすすめの4つの理由は?その効果は

girl in purple and black long sleeve shirt holding black pen writing on white paper

発達障害の子どもにタブレット学習【すらら】が合う4つの理由は以下の通りです。

  • 子どもの学びのペースに合わせたカリキュラムでできる
  • アニメやキャラクターの動きでゲームのように学べる
  • 解説よりも、やりながら覚えることができる
  • 特性を理解したコーチがサポートしてくれる

\「すらら」の公式サイトはこちらから/

自宅学習で授業の遅れを取り戻すなら!【すらら】

ナリタケ

これらの理由を解説する前に、発達障害の子どもが
通常の学校授業に合わない背景を説明します。

発達障害】が学校の授業が「苦手」の3つの理由

Free 髪で顔を覆う灰色のセーターの女性 Stock Photo

最近は発達障害という言葉がよく聞かれます。

発達障害の子ども

  • 「相手の意図を読み取ること」「コミュニケーションが苦手」(ASD)
  • 「集中力が続かない」「不注意のミスが多い」(ADHD)
  • 「文字や計算など特定部分が苦手(LD)」

    といった特徴・問題があります。これらの要素はどうしても集団で同じことを学ぶ一斉授業には合いません。

結果として「学校や学年の授業」が苦手になってしまい、勉強の遅れや意欲が落ち込んでしまいます。

一斉授業では「先生のペースで話すことを理解することが必要」「板書や先生の言葉を理解することが必要」「勉強へのモチベーションを維持していく」ことがどうしても必要になり、子どもの苦手意識も大きくなってしまうのです。

発達障害のお子さんが集団学習が苦手な3つの理由

  • 学年の一斉授業で進んでいる
  • 授業が言葉や文字中心で行われている
  • 勉強へのモチベーションが持ちづらい

ADHDの子どもに通常の指導方法で教えても、難しい面があるのです。上に挙げたような特徴に配慮した勉強の工夫が必要となってきます。

学年の一斉授業で進んでいる

授業中の学生のイラスト

発達障害が学校の授業が苦手な理由に一斉授業」が行われていることがあります。

一斉授業では先生が単元の内容を同学年30人から40人に合わせて授業を作ります。

とはいっても授業がどんなにわかりやすい配慮があっても、全員をカバーするのは難しいでしょう。

どうしても「中位の子ども」がわかりやすい授業になってしまいます。

想像してください。

40人近い子どもがいる教室で、教師が前で汗かきながら一生懸命に話している姿を。
けれども、その声が届かない子どもの気持ちを。

発達障害の子どもは一斉授業で「理解するのが大変だったり、知識を積み上げられない」ことになります。

実際に手を動かしたり、図版を多く活用したりする学習の方が効果的でしょう。

発達障害の子どもにとっての一斉授業はストレスになっている面があります。
必ずしも集団という状況の指導法・学習法がベストではありません。

授業が言葉や文字中心で行われている

Free アダルト, おとこ, キッズの無料の写真素材 Stock Photo

発達障害が学校の授業が苦手な理由に
「授業が言葉や文字中心で行われている」ことがあります。

発達障害の子どもにとっては、聴覚や文字情報への理解が得意でないということが多くあります。

特に自閉症スペクトラムと呼ばれる子どもは、図や絵の方がわかりやすいという傾向が強いです。

(イラストや写真を使った視覚情報を使う方が得意なお子さんも多いでしょう)

しかし学校での授業は先生が発する言葉や板書を通して、覚えていかないといけないのです。

発達障害の子どもにとっても「授業がもっとビジュアライズされていたれば……、目で見てもわかりやすかったら……」と思うことも多くあるでしょう。

ナリタケ

私たちもWebの情報を見ていて、文字がビッシリとなっている
読もうという気持ちが下がってしまいますよね。

発達障害の子どもにとって、文字情報中心の学習は難しい面がある。
先生の話を一方的に聞くこともは、必ずしも合っていない

勉強へのモチベーションや興味を持ちづらい

Free 緑の葉の植物 Stock Photo

発達障害が学校の授業で学びにくい理由に「勉強へのモチベーションや興味を持ちづらい」ことがあります。

発達障害の子どもにとっては、今やっている勉強が何のための勉強なのかという目的がはっきりしないとただ受け身になってしまいます。

がんばればテストでいい点数が取れて、内申点が良くなって……と目標を持つことができれば勉強できそうですが、この目標だとあまりに見通しが先すぎます。

一回の授業や勉強で「何ができればOK」なのかをクリアにしていくことが大切。

発達障害のお子さんでも、興味を持てれば集中して取り組めまるので、一回の授業でのテーマをはっきりさせるよう学習支援が重要です。

ナリタケ

発達障害の子どもでも勉強をしたいと思えるような
勉強そのものの面白さが必要ですね。

発達障害の子どもには「なんのための学習」なのかと意識させることが必要

発達障害】が学校の授業が「苦手」の3つの理由まとめ

  • 学年の一斉授業で進んでいる
  • 授業が言葉や文字中心で行われている
  • 勉強へのモチベーション・興味を持ちづらい

タブレット学習「すらら」が発達障害の子どもに合う4つの理由は

すららドリル|学校向けサービス
https://surala.jp/school/surala_drill/

通常の学校教育が、発達障害の知見を取り入れ頑張っているところはあるものの、どうしても発達障害などの問題に合わせた技術を教育体制に取り入れ切るのに難しさがあります。

ナリタケ

現在ではタブレットが普及し、少しづつ教育現場にも取り入られるようになりました。

はじめのころは学習アプリや暗記アプリが中心だったものが、それらを含んだ統合的なタブレット学習が発表されるようになりました。

タブレット学習の中でも、発達障害にもっとも発達障害に合うようしたものがこの「すらら」です。

では「すらら」のどこが発達障害の子どもに合うのでしょうか?

「すらら」が発達障害の子どもに効果的な4つの理由を解説します。

  • 無学年方式は子どもが中心。子どものわからないを重点に支援します。
  • キャラクターでゲーム形式で学びが進む。発達障害の子どもの学びを支援。
  • 手を動かしながら学びを進める。お子さんが一方的に動画を見せられることはありません。
  • コーチが学びを支援。「すらら」でやりっぱなしということはありません。

これらのポイントを一つ一つ解説します。

すららは発達障害学びのペースに合わせたカリキュラムで学べる「無学年方式

公式】無学年式オンライン教材『すらら』|SuRaLa Net Co.,Ltd.
すらら公式より

すらら】が発達障害の子どもに効果的な理由は、子どもの学びのペースに合わせたカリキュラムで学べるからです。

発達障害の子どもには安心できるポイント。

学校の授業はどうしても一斉授業が中心です。

そのためどこかつまづくと、そこを起点に「わからない」「できない」が積み重なります。

「すらら」は無学年方式です。

自分が十分にわかっていなかったところも繰り返し練習し、力を底上げします。

無学年方式とは

無学年学習とは
小中高校のように、学年集団を中心に決められた学習指導要領に決めらた内容を学ぶ方式に対して、各個人の学習のレベルや進捗・個人の特徴の興味・関心に合わせて進める学習スタイルの呼び方です。
メリットとして本人に合った学び方で勉強を進めることができ、習熟に合わせることができます。

学習の学びたいところを自由に学べるので、これまでわからなかったところに戻りながら学習ができます。


もしわからないところがあれば、AIで分析しわからないところまで戻り学べます。

ナリタケ

発達障害の子どもにとって、苦手なところを繰り返し練習できるというのは効果的な学習です。

一度でわからないことも繰り返し練習することで、そのパターンを覚えるというのは得意だからです。AIや後述するコーチを通じて子どもにとって最適な学習プランを提案してくれます。

わからないところまで戻る「さかのぼり学習」はもちろん、得意なところは「先どり学習」として勉強を進めることができます。

子どもは自分の得意なところでグングンと力を伸ばせます。

それは本人の自信にもつながり、弱点を克服するためのモチベーションにもなるのです。

無学年方式は子どもが中心。子どもに「必要なこと」を中心に学びます。

「すらら」はアニメやキャラクターの動きでゲームのように学べる

すららが発達障害の子どもに効果的な理由は「アニメやキャラクターの動きでゲームのように学べる」からです。

発達障害の子どもにとって、言葉や文字中心の学習は、おもしろくない・やる気が出ないと思うでしょう。

それは子どもが視覚情報の方が理解しやすく、反対に文字等の情報は処理しづらいという特徴・特性があるからです。

すららアニメーションが先生のように動き、実際に指で操作しながら答えます。

特に図形やグラフなどの問題では言葉だけでは、一体何を言っているのかわかりません。

アニメーションが動いたり、ビジュアル化されることで「なるほど!」と理解が深まります。

同時に英語等もネイティブスピーカーがスピーキングを担当するので、実際に聞きながら覚えることができるのが強みです。

ナリタケ

注意点!:アニメーションの合う合わないはお子さんによってあるかと思います。
発達障害で人との関わりが苦手と自覚しているのなら割と合うかもしれませんね。

アニメキャラクターとのコミュニケーションで、理解を確認しながら学べる

「すらら」は説明や解説を聞くよりも、やりながら理解することができる

すららが発達障害の子どもに効果的な理由は「やりながら覚えることができる」からです。

通常の授業は「聞く・見る」「答える(書く・実践する)」という手順で行いますが、一つ目の「聞く・見る」という部分でわからないとその後の練習も答えられません。

「すらら」は時にゲームのように画面の中で「操作」しながら学びます。

実際に子どもにとって、活動しながら参加しながら学ぶので授業の面白さは大きくなります。

学習に対する考え方として

  • 「理屈を覚えてから実践をするという演繹法」
  • 「実際に何かをやりながら共通する理論を学ぶ帰納法」があります。

発達障害の子どもにとっては演繹法のように物事を抽象的にみることが苦手です。

実際の活動を具体的な活動を繰り返し、一般化させる方が得意です。

すらら」の姉妹版「すららドリル」全国初、東京都三鷹市で全小中学校に導入|すららネットのプレスリリース
PRタイムスより

なぜなら、頭ではなく実際に作業をしているからです。

「すらら」の場合は発達障害の専門家が認知特性・特徴を踏まえて、多くの操作をしながら学習を進めるようにデザインされています。

実際にやって・覚える・理解するということが「すらら」の良さです。

\「すらら」の公式サイトはこちらから 無料資料請求も/

発達障害のお子様の自宅学習をサポート【すらら】

すららでは一方的に説明を聞くことはありません。手を動かしながら・頭を働かせながら学びます。


でもオンライン教材は子どもに与えっぱなしになってしまわない
結局、他のことで遊んだり、勉強が続かなくなったり……って心配

おっしゃる心配はわかります。

「すらら」では子どもの学習進捗を見守るコーチがサポートします。

発達障害の特性を理解したコーチがサポート・安心対応の体制

管理機能 | 【公式】株式会社すららネット

「すらら」が発達障害の子どもに効果的な理由は「特性を理解したコーチがサポート・安心対応の体制」があるからです。

もし「すらら」がタブレットの学習だけで終わってしまったらどうでしょう?

子どもは「やっているよ」と言いながらYouTubeを見ているかもしれません。

昨今言われているのはコーチングの重要性です。

コーチは「特に教えることはしないで、学習の進捗管理とアドバイス・学習計画」です。

でも考えてみてください。勉強を実際にするのは誰でしょうか?

兄弟の無料写真

子どもですね。

学習がもっとも効果的に進むのは「本人がどれだけやるか」です。

ただそれを一人でやるというのが難しいのがタブレット学習の課題。

そこでコーチがわからないところをどう対処すればいいのか教えたり、次の勉強に何をすればいいのか教えたりし、子どもが勉強を実際にやることで力を伸ばすのです。

タブレット学習「すらら」の学習効果

力の無料写真

ではタブレット学習「すらら」は、どのような効果があるでしょうか?

すららを使うことで次の効果があります。

  • 今までわからなかったところがわかるようになった
  • 自分から勉強に進んで行うようになった
  • 学習習慣が身についた

すららではAIを使い、苦手の原因を見つけ対策を打つので「わからないところがわかる」ようになる設計がされています。

結果として勉強がわかるという経験が積み重なり、「自分から進んで勉強をする」ようになる効果があります。

また「すららコーチ」が学習進捗に合わせて声をかけてくれるので「学習習慣」が身につくようになります。

「すらら」を使おうかなとお考えの保護者にも注意することがあります。

タブレット学習「すらら」のデメリットは定期テスト対策

Free アパート, インターネット, インドアの無料の写真素材 Stock Photo

「すらら」のデメリットとして無学年教材ゆえ、定期テスト対策がやりづらい面があります。

自分の苦手なところを繰り返し練習し自力をつけるところはいいものの、教科書の進度に合わせた対策には合わない面があります。

この点は無学年学習の弱点とも言えます。

一斉の授業速度に合わせた学習には、すららで力をつけるのは難しい面があるのです。

その際は「コーチング」を活用し、学習サポートを受けながら家庭学習を進めるのがおすすめです。

あわせて読みたい
おすすめオンライン家庭教師5選 「選び方がわかる!」 「子どもの勉強サポートに家庭教師を使いたいけれど、どれがいいの?」「家庭教師ごとの特徴ってどういう違いがあるの?」 最近はコロナ禍以降、働き方やサービスがオン...

またキャラクターはちょっとクセがあります。

これが合わないとなると学習意欲が減退してしまうことがあるでしょう。

またお子さんの発達段階により、アニメーションの指導が幼くてモチベーションが上がらない面もあることも考えられます。

そこは本当にお子さんの相性との関係です。

タブレット学習「すらら」の特徴

学力格差をテクノロジーで解消「すららネット」湯野川孝彦氏 | 教育業界ニュース「ReseEd(リシード)」
https://reseed.resemom.jp/article/2020/04/08/90.html

現在日本にあるタブレット学習のサービスは「デキタス」「スマイルゼミ」「スタサプ」などがあります。

各社とも特徴があるので、お子さまに合うものをまずは無料体験するとことからおすすめ

あわせて読みたい
【中学生】おすすめのタブレット学習は? 各社の特徴を徹底比較 最近巷で「タブレット学習」という言葉が聞かれるようになりました。 タブレット学習とはIPADなどのタブレットPCを使って、オンライン上で勉強する学習サービスのことで...

その中でも「すらら」発達障害の特徴を踏まえて作られています。

「すらら」に以下のような特徴があります。

  • 高い継続率
  • 入会前の無料体験と詳しくわかる無料資料請求
  • 入会金が必要
  • 利用料は8800円〜11000円

すららの継続率

無学年式オンライン教材『すらら』|勉強苦手な中学生編

タブレット学習したけれど、本当に続くのでしょうか?と心配に思うでしょう。

すららの入会後の「継続率は89.1%」です。

それは子どもにわかりやすかった・楽しかったという思いがあるからです。

そして教材としての信頼性が高いということです。

すららの入会前に無料体験

すらら無料体験の申込はメアドのみでOK!勉強嫌いの子ども向けに開発されたオンライン教材を気軽に体験してみよう。│小学生の家庭学習ガイド

「すらら」無料体験ができます。

まずは入会する前に無料で体験をして子どもが気に入るのか確かめてもいいでしょう。

\「すらら」の公式サイトはこちらから/

新発達 無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】WEB申込

すららの入会と脱会

入会金として税込で11000円がかかります。

しかしキャンペーン月があり、その月だと入会金は0円です。なお退会も自由です。

もし子どもが飽きてしまったというのなら脱会してもいいでしょう。

すららの退会は1分でできます。いつでもできますね。

すららの価格

価格は教科数や小・中・高によって異なります。

以下の通りです。

3教科(国語・数学・英語)

小中コース(小学校から中学校の範囲)8000円(税込8800円)
中高コース(中学校から高校の範囲)8000円(税込8800円)

4教科 小学コース

国算理社8000円(税込8800円)

5教科 (国数理社英)

小中コース(小学校から中学校の範囲)9980円(税込10978円)
中高コース(中学校から高校の範囲)9980円(税込10978円)

\すららの無料資料には、発達障害になぜ合うのか心理学から解説/

発達障害のお子様の自宅学習をサポート【すらら】

発達障害にタブレット学習【すらら】が効果ある:まとめ

このように「すらら」を使うと発達障害の子どもでも勉強への意欲を高め、成績を上げることができます。

勉強だけが全てではありません。

しかし、学力を持ち・大学に行くことでその子どもの可能性を大きく広げることができます。

発達障害だからこそ、得意と不得意がはっきりと分かれていると思います。だからこそストレスをかけずに、効果的に学力を上げることを意識したいのです。

「すらら」を試して、お子様に合うのかお試しで使うことをおすすめします。

\「すらら」の公式サイトはこちらから/

新発達 無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】WEB申込

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次